舞鶴 赤れんが博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

舞鶴 赤れんが博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

京都府舞鶴市の「赤れんが博物館」は、世界のレンガを集めたテーマ博物館で、明治時代の倉庫ですが車椅子で見学できます。現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2016年9月の取材に基づいています。

 

海軍の町舞鶴に数多く残る、旧海軍が建てた赤レンガ倉庫の一号館。有料博物館として一般公開されています。

明治36年に魚雷の倉庫として建てられた倉庫ですが、スロープ対応、エレベーター設置、障害者用トイレがあり、車椅子で見学ができる博物館です。

 

博物館として1993年に開館。2008年に国指定重要文化財に指定。2016年には、舞鶴の旧鎮守府全体が日本遺産に認定され、この博物館がある赤レンガ倉庫の一号館は、主要構成文化財の一つとなっています。

舞鶴 赤れんが博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

駐車場は無料。障害者用駐車場は、やや解り難いのですが、博物館敷地入口に設置されています。

駐車場から博物館の建物までは、最短でも30mほど距離があり、屋根はありません。

 

建物の入口付近は階段ですが、段差回避スロープがあります。

建物に入るとすぐに受付があります。

入館料の障害者減免制度があり、障害者手帳の提示で、本人は半額、介助者1名が無料に減免されます。

 

博物館は2フロア構成。エレベーターは1基、障害者用トイレは1Fにあります。

障害者用トイレはやや狭く、介助者と一緒に利用すると苦戦するスペースです。

展示スペースは1F、2Fともフラット。車椅子での展示の見学に大きな問題はありません。

舞鶴 赤れんが博物館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

さて展示内容です。

1Fの最初のコーナーは「古代のれんが」。エジプトやメソポタミアの日干レンガなどが展示されています。

次のコーナーは「世界のれんが」。古代ローマのレンガ、古代中国のレンガなどを展示。これらのレンガは、開館担当スタッフが、エジプトやローマ現地に直接交渉して、この博物館のために譲っていただいたレンガです。

なんでそんなことが出来たのか、と思ってしまいますが、交渉を担当したスタッフによると、レンガ獲得交渉は案外簡単だったという話。壊れてころがっているレンガを譲り受けるだけなので、ハードルは低かったそうです。

1F展示の目玉は「ホフマン窯コーナー」。かつてレンガ製造の主流であったホフマン窯内部を再現し、レンガの製作方法などを紹介しています。

1Fには事務所やトイレなどもあるので、展示スペースは1F全体の半分ほどのスペースです。

 

2Fはフロア全体が展示場。展示スペースは1Fの倍の面積があります。

「日本のれんが」、「舞鶴市とれんが」「耐火れんが」「歴史を証言するれんが」と展示が流れます。

「歴史を証言するれんが」コーナーには、広島の原爆ドームのレンガ、アウシュビッツ強制収容所のレンガなどが展示。これらのレンガも、開館担当スタッフが現地で交渉して譲り受けたということです。

 

明治の遺産である赤レンガ倉庫が、レンガの博物館になりました。「赤れんが博物館」は車椅子で鑑賞できる施設です。