新宿エルタワー 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

新宿エルタワー

新宿駅西口の新宿エルタワーは、1987年に竣工したオフィスを中心とする高層ビルです。新宿駅に近く、B2はレストラン街の「L PLAZA」で10店舗以上の飲食店が入ります。

新宿エルタワー

まだバリアフリーの概念が薄かった時代のビルなので、車椅子での利用は簡単ではありません。地下のレストラン街の利用を想定して、車椅子からみた利用上のポイントを紹介します。

新宿駅からアクセスした場合、一般的なルートは地下道から新宿エルタワーに入ります。しかし西口地下道からの入口は、段差構造でスロープはありません。

新宿エルタワー

西口地下道からアクセスする場合は、地下道と地上、そしてハルク前歩行者デッキをつなぐAエレベーターを利用します。

新宿エルタワー

地上階で降りると、新宿エルタワーの正面エントランス前に出ます。

新宿エルタワー

地上から段差なく新宿エルタワーに入館できるのは、この正面エントランスだけ。ドアは自動ドアです。

新宿エルタワー

隣にある2Fへ上がるエントランスは階段構造です。

新宿エルタワー

西側の入口も階段しかありません。

新宿エルタワー

もう一つ、車椅子でアクセス可能なルートがあります。地上から隣のコクーンタワーのエレベーターを利用してB2へ下ります。

新宿エルタワー

西口地下道からも、コクーンタワーのエレベーターは利用できます。

コクーンタワーのエレベーター

コクーンタワーB2と新宿エルタワーはフラットにつながっています。

コクーンタワーのエレベーター

この入口が新宿エルタワーB2レストラン街への入口です。車椅子で移動可能です。

コクーンタワーのエレベーター

車利用の場合は、ビルの西側、損保ジャパンビル側は地下駐車場の入口です。

コクーンタワーのエレベーター

バリアフリートイレは2Fに1つ用意されています。B2レストラン街にはありません。2Fバリアフリートイレは、ロックされているトイレで、インターフォンで警備センターに連絡して利用する運用です。

コクーンタワーのエレベーター

新宿エルタワーは、B2から2Fの間の通常ルートはエスカレーターで、エレベーターはみえる場所にありません。駐車場エレベーター、業務用エレベーターが「車いす用エレベーター」として案内されています。

コクーンタワーのエレベーター

下の写真が「車いす用エレベーター」です。場所さえ分かれば、普通に利用できます。

コクーンタワーのエレベーター

新宿エルタワーはバリアフリー面では一癖ある施設です。入口、エレベーター、トイレの配置に気を付けて、車椅子で利用してください。

(本稿は2021年10月に執筆しました)