車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

山梨県甲府市には、車椅子で利用出来る観光スポットが数多くあります。各施設のバリアフリー状況を紹介します。

 

最初に甲府駅前の新観光スポットを紹介します。

「甲府市藤村記念館・甲府市歴史公園山手御門」

2007年から2010年にかけて、甲府駅北口は大きく生まれ変わりました。整備された施設は「藤村記念館」と「山手御門」。どちらも車椅子での観光は可能です。

駅前ですが公営駐車場も整備されています。もっとも駅に近い「第二駐車場」は当初30分無料で、障害者減免はありません。フラッグ跳ね上げ式の有料駐車場ですが、1台分障害者用区画が用意されています。少し駅から遠い駐車場だと、当初1時間無料の設定です。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

「藤村記念館」は1875年に建てられた学校の校舎。2010年この地に移設されました。「藤村」は当時の県令の名前で、西洋建築を推奨した人物です。これらの「擬洋風建築」は、当時の大工が東京に誕生した洋風建築を見て、それを真似て建てたとういうことです。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

記念館は入館無料。正面入口は段差あり。建物裏側にスロープがあるので車椅子で建物を半周してください。スロープ入口にインターフォンがあり、スタッフに車椅子利用を申告すると、ドアを開けていただけます。

「藤村記念館」は2フロア構造。2Fへは靴を脱いで階段で上るので、車椅子では1Fの見学のみ。明治の建物なので完全バリアフリーではありませんが、1F内は全域車椅子で移動できます。関連資料の展示があります。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

2007年に整備された「甲府市歴史公園」の観光ポイントは「山手御門」。甲府城の御門の再現施設です。車椅子でも見学が出来るようにバリアフリーに設計されています。展示室もありますが、すべて無料で利用できます。

 

 

次に、有名な二つの県立施設を紹介します。

「山梨県立美術館」

1978年開館の「山梨県立美術館」。基本構造は段差がある設計ですが、スロープ対応、エレベーター増設、障害者用トイレの設置と、改修によりバリアフリー施設になっています。注意箇所は一か所。1F正面にある大型の作品が展示される無料ゾーン「ギャラリーエコー」へのスロープは急坂です。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

アクセスは車が便利。「芸術の森公園」の無料駐車場を利用します。障害者用駐車区画は2か所6~7台分用意されています。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

障害者手帳を提示で、本人と介助者の入館料が無料に減免されます。減免になる介助者の人数は、手帳の等級によって変わります。

 

 

「山梨県立文学館」

「山梨県立美術館」のお隣り、芸術の森公園内にある県立の文学館です。文学者に関わる常設展示、企画展、各種資料の閲覧が出来る博物館。常設展では山梨県にゆかりのある作家の、直筆原稿や写真、書簡や書画、愛用品などが展示されています。1989年の開館ですがバリアフリー。車椅子での見学は可能です。入館料の障害者減免制度は「山梨県立美術館」と同様です。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

館内は2フロア構成で展示室は2F。エレベーターは1Fの奥にあります。エレベーターの近くに障害者用トイレあり。2Fには障害者用トイレはありません。展示室内はバリアフリーで、車椅子での見学に大きな問題はありません。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

1Fには「黒蜜庵きなこ亭」というカフェがあります。スペースに余裕があり可動式のテーブルと椅子なので、車椅子での利用は可能です。

 

 

甲府には個性的な博物館、資料館もあります。

「印傳博物館」

インド伝来が語源ともいわれている「甲州印伝」は、鹿革を漆で装飾する秘伝の伝統製法です。印傳屋は1582年の創業。代々家長は「勇七」を襲名。現「勇七」氏は十三代目です。四百年の歴史がある印傳屋本店の2Fが「印傳博物館」。江戸時代に作られた「革羽織」など、貴重な古典作品が展示されています。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

アクセスは車が便利。印傳屋本店の無料駐車場を利用します。お店の近くに障害者用駐車区画あり。車椅子では正面横のスロープ箇所から店舗内へ入ります。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

2Fの博物館へは、スタッフの誘導で「お会計」の後ろ側にあるエレベーターを利用します。2Fの「印傳博物館」内はフラット構造でバリアフリー。車椅子での見学に大きな問題はありません。入館料は障害者手帳の提示で、本人と介助者1名が無料に減免。2Fに障害者用トイレがあります。

 

「山梨中銀金融資料館」

元頭取の屋敷を活用した「山梨中銀研修センター」の1Fが「山梨中銀金融資料館」です。無料の資料館で、古代からの日本の貨幣の歴史展示と、山梨県の経済史、銀行史の展示があります。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

アクセスは車が便利。前庭スペースが無料駐車場で、6台収容となっています。障害者用駐車区画の用意はありません。

館内は土足禁止で健常者はスリッパに履き替え。車椅子利用者はスロープで館内へ入ります。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

エントランスの左側がトイレで障害者用トイレがあります。ワンフロアでフラット構造。車椅子から見にくい展示は特にありません。

 

 

古墳の丘の麓にある博物館もバリアフリーです。

「山梨県立考古博物館」

複数の巨大古墳がある「甲斐風土記の丘」に建つ博物館です。アクセスは車が便利。広い無料駐車場があり障害者用駐車区画の用意があります。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

旧石器時代から明治時代まで、山梨の歴史が展示されます。3万年前からの「旧石器時代」から「縄文時代」「弥生時代」、そして「古墳時代」は4世紀。山梨は縄文時代、日本列島のなかでも相対的に人口密集エリアであったそうです。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

入館料は障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免。障害者用トイレはパブリックスペースに。展示室内は余裕のある通路幅で床は完全フラット。低い目線からでも見やすい展示が多く、車椅子での展示見学に大きな問題はありません。

 

 

考古博物館の近くにバリアフリーな産直ショップがあります。

「風土記の丘農産物直売所」

2014年に新築された「中道交流センター」内のバリアフリーショップです。「中道交流センター」は、市役所支社、公民館、そして産直ショップで構成。障害者用駐車区画は2か所あり、どちらを利用しても快適に産直ショップに移動できます。障害者用トイレも2か所あります。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

甲府市の「中道地区」の生産者200人が産物を出荷しています。産直ショップの通路幅は広く、車椅子での店内回遊に大きな問題はありません。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

産直ショップに繋がって、軽食が楽しめる食事処兼休憩コーナーがあります。ショップで買ったものを、ここでいただくこともできます。このコーナーもフラットでバリアフリー。車椅子で利用できます。

 

 

最後の情報です。「昇仙峡」周辺の車椅子観光は、積極的にはお薦めしません。

「渓谷道路」はシーズンの土日車両通行止めになります。車が通るのは、平日と12/1から4/30の間の土日です。景観が楽しめる遊歩道は途中が階段で、並び建つお土産屋、食事処は古いお店が多いのが実態です。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

「グリーンライン」を登ると「夫婦木神社」と「金桜神社」がありますが、どちらも車椅子では参拝が出来ない、段差と砂利面がある神社です。

車椅子で行く甲府~観光スポットのバリアフリー情報

その中で「影絵の森美術館」に併設されている「森の駅 昇仙峡」は、入口はやや急な傾斜のスロープを上りますが、バリアフリーで障害者用トイレがあるショップです。

 

バリアフリー情報を参考に、車椅子で甲府にお出かけください。