笠間稲荷神社 車椅子参拝ガイド バリアフリー情報

笠間稲荷神社

茨城県笠間市の笠間稲荷神社は車椅子で参拝できます。創建は西暦651年、1300年を超える歴史がある日本三大稲荷の一つ。伝承によれば江戸時代の歴代藩主の信仰が篤く、その時代に境内が拡張され、宝物が集まりました。本殿は1985年に国の重要文化財に指定されています。現地のバリアフリー状況を紹介します。

笠間稲荷神社

〇アクセスの状況

笠間駅からは徒歩20分の案内です。タクシーまたはマイカーの利用が便利です。

境内の「稲光閣」前に参拝者用無料駐車場があり、25台を収容します。身障者用駐車区画はありません。この無料駐車場は、正月などの混雑日は利用できません

境内まで徒歩5分の「地蔵前駐車場」は原則無料で利用できます。ただし利用できない日や、有料の日があるので確認して利用してください。

笠間日動美術館の隣にある市営駐車場も無料で利用できます。笠間稲荷までは徒歩5分程度です。

門前通りに有料の民間駐車場が複数あります。今回取材時は、1回300円から500円の料金が多いようでした。身障者用駐車スペースがある民間駐車場は、確認できません。

門前通りはバリアフリーに改修されています。車道と歩道に段差は無く、路面はフラットです。

笠間稲荷神社

多くのお店が並ぶ賑やかな通りです。お饅頭やお団子、笠間いなり寿司がいただける名店、老舗が人気です。なお観光ガイドブックによると、門前通りの中で3店舗にバリアフリートイレがあるそうです。また笠間稲荷神社のトイレに、バリアフリートイレがあります。

笠間稲荷神社

今回取材時は、笠間菊まつりが開催されていました。100年以上続く日本最古の菊の祭典ということです。

笠間稲荷神社

門前通りにも、笠間菊まつりの会場がありました。

笠間稲荷神社

会場の名称は「大町ポケットパーク」。心を和ませる、安らげる空間という案内です。

笠間稲荷神社

〇境内のバリアフリー状況

門前通りから一の鳥居をくぐり境内に入りますす。

笠間稲荷神社

東日本大震災で被災し、その後に再建された鳥居です。

笠間稲荷神社

参道は楼門までほぼフラットな舗装路です。

笠間稲荷神社

参道の両脇に「仲見世通り」があります。仲見世通りと参道は生垣で仕切られています。

笠間稲荷神社

仲見世通りでは、味わいのある雰囲気の土産店が営業しています。

笠間稲荷神社

参道を進むと右手に手水舎があります。車椅子で近づける構造です。

笠間稲荷神社

笠間菊祭りの期間、浄水は菊で彩られていました。

笠間稲荷神社

参道の横に菊人形が展示されていました。左が徳川慶喜公、右が渋沢栄一氏です。

笠間稲荷神社

楼門は段差の上。車椅子用の迂回スロープが設置されています。

笠間稲荷神社

スロープの入口は緩やかな傾斜です。

笠間稲荷神社

緩やかなスロープを上がり、段差回避して楼門の高さに上がることができます。

笠間稲荷神社

楼門から境内に下りる箇所は、ややラフな段差解消スロープ構造です。

笠間稲荷神社

段差解消スロープを下りると、社殿の正面にでます。その先の参道はフラットな舗装路面です。

笠間稲荷神社

御本殿は江戸時代の末期、1854年から1860年に再建された銅瓦葺総欅の権現造です。また拝殿前にある「藤棚」は樹齢400年といわれる2株の藤で、内1本は「八重藤」という珍しい品種です。開花時は多くの参拝客が集まります。

笠間稲荷神社

拝殿は5段の階段の上。ここにも段差回避スロープが設置されています。拝殿の右側に進みます。

笠間稲荷神社

ここは短い区間ですが未舗装路面です。車椅子を慎重に進めてください。

笠間稲荷神社

木製のスロープが設置されています。傾斜角度は急ではありません。

笠間稲荷神社 ゆっくり進めば、車椅子に大きな衝撃がくることなく、通行できます。

笠間稲荷神社

これで拝殿の高さに車椅子で上がりました。車椅子で参拝ができます。手前にあるのは狐の菊飾りです。

笠間稲荷神社

正面からみると、このような顔の菊飾りでした。

笠間稲荷神社

境内は中央部の参道以外は、車椅子が動きにくい砂利路面です。楼門から境内の周囲にかけて舗装路面が整備されています。

笠間稲荷神社

左側の舗装路面を通行して社務所に行くことができます。

笠間稲荷神社

社殿の裏側へは右側の舗装路面を通行します。

笠間稲荷神社

社殿の横の段差箇所には、段差解消スロープが設置されています。ややラフな構造ですが、少し力を入れれば車椅子で乗り越えられます。ここから先は未舗装路面です。

笠間稲荷神社

社殿裏の菊人形のテーマは「稲荷舞」でした。

笠間稲荷神社

少し無理をして未舗装路面を車椅子で進むと、本殿裏側の装飾が観覧できます。

笠間稲荷神社

そして「狐塚」があります。

笠間稲荷神社

ただしここまでです。「笠間稲荷美術館」方面へは、段差路があるので境内からは車椅子で行くことができません。また美術館は段差構造がある施設です。

笠間稲荷神社

〇かさま歴史交流館井筒屋のバリアフリー状況

近隣の観光施設の紹介です。門前通りの突き当たりから道を渡ったところにある「かさま歴史交流館井筒屋」。

笠間稲荷神社

木造3階建ての明治中期に建築された歴史的建造物、「旧井筒屋本館」をリノベーションし、2018年にオープンした観光施設です。

笠間稲荷神社

1Fでは喫茶が営業しています。

笠間稲荷神社

1Fの中央部は通路になっています。ここにトイレがありますが、バリアフリートイレはありません。通路を突き抜けると中庭にでます。

笠間稲荷神社

中庭は部分的に舗装通路が整備されています。

笠間稲荷神社

それ以外は芝生ですが、大きなデコボコはないので、車椅子で進むことができました。

笠間稲荷神社ものすごい数の見事な菊花が飾られていました。

笠間稲荷神社

かさま歴史交流館井筒屋は、笠間稲荷神社に次ぐ、笠間菊祭りの中心施設です。

笠間稲荷神社

笠間稲荷神社は段差を回避して車椅子で参拝できます。門前通りはフラットにバリアフリー改修されています。

(本稿は2021年11月に書き直しました)