岩槻 慈恩寺 足が悪い人のためのお参りガイド

岩槻慈恩寺

埼玉県さいたま市岩槻区にある824年に創建された天台宗の古刹です。広い境内に建つ本堂は1843年に建立されました。坂東札所三十三か所の12番のお寺です。

アクセスは車が便利です。境内の前が参拝者用無料駐車場で、上手に駐車すれば30台程度を収容するスペースがあります。身障者用駐車スペースの設定はありません。

岩槻慈恩寺

この駐車スペースから、8段の階段を上がるのがお参りルートです。階段の横には手すりがあります。この階段がクリアできる人は本堂にお参りができます。

岩槻慈恩寺

車椅子利用者など階段路の通行が無理な人の場合、駐車場の前の道路を鐘楼の下を通り進むと、その先に境内への傾斜路があります。ただしこの道路は交通量が多く、歩道はありません。車椅子や階段が上がれない足の悪い人にとっては、通行が危険な道路です。そして境内への傾斜路は角度がある急坂です。

岩槻慈恩寺

境内は本堂に通じる細い舗装路面がありますが、それ以外は深い砂利路面です。香炉まではフラットですが、賽銭箱は10段の上にあります。

岩槻慈恩寺

寺務所前周辺も砂利路面です。車椅子で無理をして境内に入っても移動が大変な路面です。

岩槻慈恩寺

岩槻の大寺院慈恩寺は、短距離であれば階段が利用できるレベルの人はお参りができる古刹です。

(本稿は2022年6月に執筆しました)