富山黒部漁港 魚の駅生地 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

富山黒部漁港 魚の駅生地 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

富山県黒部市の生地(いくじ)は、北アルプスの峡谷で生れた水が湧きだす清水(しょうず)が町の各所にある「清水の里」です。車椅子で利用できる「魚の駅生地」を中心に、現地のバリアフリー状況を紹介します。

なお本稿は2017年5月の取材に基づいています。

 

○魚の駅生地の概要

黒部漁港のすぐ近くにある施設です。

2004年の開業。「JFくろべ漁業協同組合」が運営しています。

旬の鮮魚や水産加工品の販売、魚メニューの食事処、足湯があるオープンテラス、無料駐車場がある施設です。

テラスから黒部漁港を臨みます。

魚の駅のバリアフリー状況

○魚の駅のバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。40台を収容する駐車場があり、障害者用駐車区画が用意されています。

オープンテラスは挟んで「とれたて館」と「できたて館」があります。施設は一段高い構造ですがスロープで上ることができます。

障害者用トイレは「できたて館」内のトイレにあります。

施設全般、車椅子での移動に困るような段差はありませんが、テラスの足湯はバリアフリー仕様ではありません。

魚の駅生地

○「とれたて館」内のバリアフリー状況

「とれたて館」の約30%は鮮魚売り場で、黒部漁協からの新鮮な海の幸が並びます。

売り場の横にはベンチ席があり、お刺身、岩牡蠣など、その場で安くて旨い鮮魚類をいただけます。小皿、割りばし、お醤油などの用意があります。

席はラフなベンチ席で、車椅子での利用はあまり想定されていませんが、なんとかなると言えば何とかなります。ご自身やご家族の障がいの状況に応じて、利用の可否を判断してください。

とれたて館内のバリアフリー状況

○「できたて館」内のバリアフリー状況

炭火焼レストラン「航海灯」は、魚介や干物を自分で焼いていただくレストランです。

スペースの余裕はそれほどありませんが、店内はフラットで可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。

もう一軒の「番屋」は3日前までに予約をして利用するお店です。店内のバリアフリー状況は、今回の取材では確認できませんでした。

 

○生地の町の「清水ツアー」

生地には正式に認定されている清水が18箇所あります。

昏々と湧き出る地下水を、自由に利用できる清水。それを巡る清水ツアーが盛んです。18箇所を廻ると、2時間コースになるそうです。

魚の駅生地の近くにある清水は「弘法の清水」。もちろん弘法大師由来の清水で、車椅子でも立ち寄れます。ただし柄杓で湧水を飲むには、健常な介助者がいると助かる構造です。

生地の町の「清水ツアー」

生地の町は、観光地ではなく生活感のある町です。美味しい海の幸と、清らかな湧水、そしてバリアフリー拠点の「魚の駅生地」があります。