車椅子で行く軽井沢発地市庭バリアフリー情報

車椅子で行く軽井沢発地市庭バリアフリー情報

軽井沢に2016年に開業した発地市庭(ほっちいちば)は、農産物の産直ショップと食事処、イベントスペースなどがある、車椅子で利用できる郊外型施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します

軽井沢発地市庭

〇屋根付きの障害者用駐車区画

「発地」は地名で「市庭」は造語です。

延床面積は2,000㎡超。ランダム且つ斜めに建つ列柱とうねる大屋根が印象的な外観で、そのイメージは軽井沢の森や浅間山の尾根ということ。南軽井沢のランドマークにふさわしい規模とデザインの施設です。

アクセスは車が便利です。駐車場の入口近くに、屋根付きの障害者用駐車区画が4台分用意されています。

軽井沢発地市庭

〇段差のないバリアフリー構造

駐車場から施設まで、全く段差のないバリアフリー設計です。施設の周囲はウッドデッキスペースで、車椅子で快適に移動できます。

軽井沢発地市庭

障害者用駐車区画を起点にして見ると、トイレとイベントスペースがある棟、食事処「大地の恵」の棟、産直ショップ「軽井沢直売所」、そして「そば打ち体験」やテイクアウトコーナー、カフェレストランなどが入る棟と、4つの建物が並びます。

駐車場の反対側は芝生広場で、子供向きの遊具があります。

軽井沢発地市庭

〇障害者用トイレの状況

障害者用駐車区画に近いトイレに1つ。そして「そば打ち体験」などがある棟に1つ用意されています。「そば打ち体験」棟のトイレはスペースが少し狭いので、広いスペースが必要な人は、障害者用駐車区画に近いトイレの利用をお薦めします。

軽井沢発地市庭

軽井沢発地市庭

〇軽井沢直売所のバリアフリー状況

メインショップ「軽井沢直売所」は、フラットな床面に幅広い通路がある、車椅子で買い物がしやすいお店です。

軽井沢発地市庭

「発地市庭」では野菜のブランド化に取り組んでいます。ブランド名は「軽井沢霧下野菜」で商標登録しています。

軽井沢は朝から発生した霧が野菜を優しく包み込む「霧下気候」の土地。そのため表面が霧に守られ豊富な水分を含んだみずみずしい野菜が育つそうです。地元軽井沢産の野菜が魅力な直売所です。

軽井沢発地市庭

〇食事処のバリアフリー状況

「大地の恵」は蕎麦とビュッフェスタイルレストランのお店です。可動式のテーブル席でスペースに余裕があるので車椅子で利用できます。

軽井沢発地市庭

「アトリエ・ド・フロマージュ」は、チーズ工房が手掛けるカフェレストランです。このお店も車椅子で利用できます。

軽井沢発地市庭

○道の駅ではない

オーナーは軽井沢町で、運営は民間委託されています。

ビジネスモデルは「道の駅」ですが、「道の駅」登録はしていません。軽井沢町のスタッフが、2013年頃より全国の先進事例の研究に励み、計画を練ったとのことです。

軽井沢発地市庭

軽井沢発地市庭は、車椅子で高品質な軽井沢ブランドの食を楽しめる、バリアフリー施設です。

(本稿は2020年3月の取材に基づいています)