デザインハブ「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」観覧情報

デザインハブ「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」

東京都港区六本木、東京ミッドタウン内のデザインハブで開催されている企画展です。六本木商店街が2009年から開催してきた「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」。これまでの13年間の各年入賞作品、合計104点のフラッグが一堂に展示されています。会期は2021年9月10日から10月10日まで。観覧は無料です。

デザインハブ「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」

東京ミッドタウン及び会場のデザインハブはバリアフリー施設です。車椅子での観覧に大きな問題はありません。

会場では横に3枚のフラッグが並べて掲出されています。フラッグの足元のシールに、年次やデザイナーなどの情報が表示されています。

デザインハブ「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」

デザインハブ「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」

すべてのフラッグは、実際に六本木商店街の街路灯に掲げられたデザインです。一つ一つを丁寧に鑑賞すると、1時間程度かかるボリュームになります。

デザインハブ「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」

デザインハブ「六本木デザイナーズフラッグコンテスト」

毎年デザインの「テーマ」があります。現在作品募集されている2021年のテーマは「再会」。締切は2021年10月31日。入選作は2022年3月に、約1か月間、六本木商店街の街路灯に掲出される予定です。