栃木県道の駅バリアフリー情報~県南編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は栃木県の南部(小山市、野木町、栃木市、佐野市、足利市)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

「道の駅にしかた」(栃木市)

2009年開業して、2014年にリニューアルをしている道の駅です。物産館、産直ショップ、食事処、独立トイレ棟の構成で、障害者トイレはトイレ棟と食事処の2か所に用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

障害者用駐車区画は2台分用意。敷地内入場口の近く、一般駐車場とは離れた場所に設定されています。屋根付き駐車場で、雨の日でもトイレ棟までは濡れずに行ける設計です。ただしこの障害者用駐車区画はスペースに余裕がありません。広い乗降スペースが必要な車椅子利用者は、むしろ一般駐車区画の利用が便利です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

「交流物産館さくら」と「農産物直売所 ふれあいの郷」は、店舗面積そのものに余裕がなく、店内通路幅も標準以下です。車椅子での店内回遊は楽ではありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

「農村レストランふるさと一番」棟は、バリアフリー上の問題はありません。食事処の店内は広く、車椅子での利用に問題はありません。営業時間は午後9時まで。お酒もあります。また食事処の入口はテイクアウトのアイス屋があり、車椅子で購入ができます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

施設のマスコットは、コシヒカリを手に持ったイチゴの妖精「キララちゃん」です。

 

 

「道の駅思川」(小山市)

2006年に誕生した大型施設。「小山ブランドの創生と発信」を担う施設です。

道の駅思川

ショップ棟、レストラン棟、地域コミュニティ施設棟、トイレ棟で構成されます。

障害者用駐車区画はトイレ棟の前に屋根無しで3台分あります。

道の駅思川

障害者用トイレは、トイレ棟内の男女別トイレの入口にそれぞれ1つ用意されます。

道の駅思川

産直農産物や地元物産品を販売するショップ棟は「小山物語館」。店舗内はフラットな構造で車椅子での利用は可能です。

物販売場の通路幅は平均的で、極端な混雑状況でなければ車椅子での店内移動は可能です。

道の駅思川

レストラン「小山食堂さくら」はエントランスから店内までスペースに余裕があるフラット構造。可動式のテーブルと椅子席で車椅子での利用は可能です。

道の駅思川

トイレ棟の裏側に、電動遊具などがある子ども向けの小さな遊園地があります。小山物語館の裏側は、現在は広いフリースペース「ワイワイ広場」です。

道の駅思川

道の駅思川

「道の駅みかも」(栃木市)

開業は2004年。2015年4月にリニューアルして、産直ショップの什器が一新され、通路幅がワイドになりました。ショップと食事処が入るメイン棟と、独立したトイレ棟、そして別棟の無料休憩所で構成される施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

障害者用駐車区画はトイレ棟の前に3台分を用意。障害者用トイレはトイレ棟に1戸用意されています。佐野藤岡インターの近くで、観光シーズンの週末はとても賑わいます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

「新鮮野菜直売所・物産館」は、通路幅に余裕があり、少々の混雑なら車椅子での店内回遊は可能です。ご当地アイドル「とちおとめ25」のポスターが張られ、CDが売られています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

食事処「レストランみかも」は、セルフサービスですが、フラットでテーブル席、店内スペースに余裕があり、車椅子での利用は可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

別棟の無料休憩所「みかも亭」は、半分はお座敷席、半分はテーブル席。テーブル席なら車椅子で利用できます。産直ショップで買ったお弁当などを自由に食べることができます。

 

 

「道の駅どまんなかたぬま」(佐野市)

開業は2001年。日本の中心点に位置するので「どまんなか」と称しています。屋内施設は大きく2棟に分かれます。レストラン、フードコート、アイス屋、お土産ものなどがあるメイン棟と、団子屋などの屋台も併設された産直ショップ棟です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

駐車場は施設の両側で、どちらにも障害者用駐車区画があり、合計で10台分障害者用が用意されています。館内放送で「障害者用駐車場は障害のある人専用です」というメッセージが頻繁に流れます。駐車場から施設へのアクセスルートには段差はありません。障害者用トイレは、屋内と独立棟トイレの中、合計2戸用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

メイン棟の通路はフラットで主なドアは自動ドアです。特に中華料理のレストランはバリアフリーで、車椅子での利用に大きな問題はありません。

産直ショップ棟内は、やや配慮に欠けた通路設定の箇所があり、混雑すると車椅子での店内回遊は苦戦します。また産直ショップ店内の半分は、床面が外側に向かって少し下がっています。当然販売台もちょっと斜めになっています。わずかな傾斜なので、車椅子が動けないということはありませんが、注意して利用して下さい。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県南編~

屋外は屋台が出店し、とても活気があります。敷地内には子供向けの遊び場や、無料の足湯施設があります。足湯は車椅子利用者への特別な配慮はありません。季節毎にイベントが開催され、毎日がお祭りのような雰囲気の道の駅です。

 

栃木県「道の駅」の紹介記事は、別に「栃木県北編」「栃木県東編」「栃木県央編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。

栃木県道の駅バリアフリー情報~県東編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は栃木県の東部(真岡市、益子町、茂木町、市貝町、芳賀町)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅ましこ」(益子町)

2016年開業。現時点では栃木県内で最も新しい道の駅です。施設全体段差の無い構造。上質で上品な益子の魅力を発信するバリアフリー施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

障害者駐車区画は屋根無しで2か所に合計7台分を用意。

障害者用トイレは屋外から利用するトイレに一つ。そして屋内トイレにも一つ。屋内トイレの障害者用個室はスペースが狭く、車椅子が一台入るといっぱいのサイズです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

総合案内は「ましこのコンシェルジェ」。観光案内、シーズン中は「イチゴ狩り」の受付、レンタサイクルの手配などを行います。また「移住・定住サポート」も担当。住居の不動産情報の掲示があります。

2019年2月は、益子焼の器を使った地元レストランのメニューを展示。益子焼の技とシェフの腕、そして食材の良さが伝わる企画です。

館内にはゆったりしたスペースに「益子の手仕事」を紹介する企画展示コーナーがあります。また館内には「作家棚」があり、益子焼の作家150人のカップが展示されています。

2019年2月は、益子焼の器を使った地元レストランのメニューを展示。益子焼の技とシェフの腕、そして食材の良さが伝わる企画です。

益子の食材を活かし、益子焼の器を使用する食事処は「おもてなしカフェレストランましこのごはん」。店内はフラット、可動式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。フラットなテラス席もあります。

2019年2月は、益子焼の器を使った地元レストランのメニューを展示。益子焼の技とシェフの腕、そして食材の良さが伝わる企画です。

ショップの品揃えは多種多彩。工芸品から加工品、お菓子、農産物と、地元の産品が並びます。ジャムやドレッシング、プリンなど、オリジナル企画商品も積極的に開発。通路幅に余裕があるので、多少の混雑程度なら車椅子で買い物ができます。

2019年2月は、益子焼の器を使った地元レストランのメニューを展示。益子焼の技とシェフの腕、そして食材の良さが伝わる企画です。

建築物としても見る価値があります。木と土と煉瓦。栃木、益子の魅力を表現した建築デザインです。什器やゴミ箱なども注目です。

2019年2月は、益子焼の器を使った地元レストランのメニューを展示。益子焼の技とシェフの腕、そして食材の良さが伝わる企画です。

 

「道の駅サシバの里いちかい」(市貝町)

2014年開業。駐車場から屋内施設に至るまでに、段差やスロープが全くありません。農産物直売所棟、アイス屋や惣菜屋入る農産物加工所棟、軽食販売やアクセサリー販売などがある「ふれあいスペース」棟が並び、少し離れた場所に「地域情報館」という名称の催事ができる別棟があります。以上の4棟構成です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

各棟ともバリアフリーなので車椅子の利用に問題はありません。ただ一棟単位でみると、屋内はそれほど広くはなく、車椅子でゆとりをもって回遊できるほどのスペースはありません。

障害者用駐車スペースは3台分用意されています。場所はトイレの側で、他の一般車の駐車場とは完全に分かれた専用駐車区域方式です。

トイレは別棟が駐車場脇に一棟。障害者用トイレが2つ併設され、オストメイト対応はそのうちの1つにあります。農産物加工所棟屋内に通常のトイレがありますが、障害者用トイレはありません。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

「サシバ」とは、絶滅が危惧されている猛禽類の鳥。道の駅のキャラクターは「サシバのサッちゃん」。その子供風のキャラクターが「イッちゃん」と「カイちゃん」です。

 

 

「道の駅はが」(芳賀町)

2002年開業。日帰り温泉施設がある広い敷地に建つ複合型道の駅です。駐車場の収容台数は約420台。障害者用駐車区画は4台分の用意があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

トイレは別棟トイレと屋内トイレがあり、どちらにも障害者用が併設されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

温泉棟と東西物販棟があります。

東棟は産直ショップとお土産品などの物産館。外向き屋台方式で、たこ焼き屋もあります。ショップの中の通路幅は余裕があり、車椅子での買い物は可能。出入口のドアは自動ドアです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

西棟はアイス屋、惣菜屋、お食事処、休憩スペースなどがあります。いずれも車椅子での利用は可能。お食事処は各種定食類などが、お手頃な価格で楽しめます。アイスの一押しは「とちおとめアイス」。休憩スペースは、大きなテーブルに椅子が並んでいるだけなので、車椅子での回遊通路は確保でき、アイスや惣菜を買ってテーブルで食べることが出来ます。

 

 

「道の駅にのみや」(真岡市)

開業は1997年。栃木県で2番目に誕生した道の駅です。イチゴ生産量日本一の真岡市、イチゴに特化した道の駅です。街路照明にはイチゴがデザイン、「いちご展示温室」「いちごふれあい館」などがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

駐車場の障害者用駐車区画は2台分。もし満車でも駐車場は広々しているので、乗降しやすい場所に停めることはできます。トイレ棟に障害者用トイレが1つ併設さ。広くて設備もよく、清潔感があるトイレです。

物販コーナーはアウトドアに近いスタンド販売コーナーが広い面積をとっています。季節の農産物やイチゴが山積みで売られます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

アウトドアコーナーの先に、インドアショップコーナーがあります。インドアショップの通路はそれほど余裕はなく、車椅子での回遊はギリギリです。

併設してセルフ方式の食堂があります。この食堂はゆったりした通路で、車椅子での利用が可能です。

また外向け屋台形式で「いちご系ジェラード」「いちごシュー」「いちごロール」などが販売されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

最新のバリアフリー施設ではないので、路面が一部デコボコし、昔ながらのサイズの狭いドアがあり、無駄な斜面があります。それでも全体的には、車椅子での利用は可能な施設です。

ここは真岡市の二宮町。かつて二宮尊徳が活躍した地で、この道の駅の物販ショップの店名は「尊徳物産館」、食事処は「金次郎食堂」。町には「二宮尊徳資料館」があります。

二宮尊徳は、役人としてこの地に36歳から52歳までの26年間を過ごしたということ。「勤労」「分度」「推譲」の「報徳の教え」は、この地で実践された行政手法ということです。二宮尊徳といえば小田原の人。この地はかつて小田原藩の飛び地「下野国桜町領」。この飛び地のエリア経済再生のために、二宮尊徳は小田原から役人として赴任し活躍しました。

 

 

「道の駅もてぎ」(茂木町)

1996年に、栃木県で最初に道の駅登録になった施設です。元々の設計は段差構造ですが、改装されて車椅子で利用しやすい施設に進化してきました。

施設の横に真岡鉄道の線路があり、週末はSLが走ります。駐車場や食事処からSLを見える道の駅です。SLの通過予定時刻は、12時頃と14時30分頃です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

障害者用駐車区画は4台分。場所は施設側ではなく、施設メイン棟正面から車道を渡った先になります。週末は混雑することが多い道の駅です。駐車スペースに困ったら、誘導スタッフに相談してください。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

商業施設棟は3つ。メイン棟には産直ショップと物産ショップ、ラーメン店、そしてアイスやたい焼きのテイクアウトショップがあります。いずれもスペースに余裕はありませんが、フラット構造なので車椅子での利用は可能です。ラーメン店は近年大人気で、ランチタイムは行列が出来ます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

 

メイン棟の横に食事処「桔梗」があります。ここは一般的な可動式のテーブルと椅子の席なので、車椅子での利用は可能です。

もう一つの商業棟は「バウム工房ゆずの木」。店内のスペースに余裕があり、車椅子で利用しやすい店舗です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

公園エリアの名称は「十石河川公園」。大型遊具やオブジェなどがあるスペースで、舗装箇所は車椅子での通行は可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

週末は内部公開される「旧古田土雅堂邸」は、入口が階段で内部は土足禁止。車椅子では外観だけの見学になります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

トイレは一か所で障害者用トイレは一つ。2017年に大改装をおこない、綺麗なトイレに生まれ変わりました。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県東編

 

 

栃木県「道の駅」の紹介記事は、別に「栃木県北編」「栃木県南編」「栃木県央編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。

 

栃木県行く道の駅バリアフリー情報~県央編~

「道の駅」は車椅子で利用出来る施設です。しかし現地のバリアフリー状況はそれぞれ。車椅子目線での情報と施設の特徴を紹介します。

本稿は栃木県の中央部(宇都宮市、さくら市、高根沢町、鹿沼市、上三川町、下野市、壬生町、那珂川町、那須烏山市)にある「道の駅」情報です。開業年が新しい順に紹介します。

 

 

「道の駅ろまんちっく村」(宇都宮市)

道の駅としての開業は2012年です。46haの滞在型ファームパーク、というのがキャッチコピーの道の駅で、敷地は広大で施設も複合的。日帰り温泉、宿泊施設、温浴スパ施設、レストラン、フードコート的な出店街、イベントステージ、超大型産直ショップ、そして広いお散歩エリアや体験農場があります。

「森のエリア」「里のエリア」と呼ばれているエリアは、未舗装でアップダウンがあります。車椅子ユーザーはバリアフリーな「集落のエリア」の利用をお薦めします。障害者用トイレは、産直ショップ「あおぞら館」、噴水広場奥の「多目的ドーム」、温浴スパ「アグリスパ」など、各施設内に用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

「集落のエリア」だけでも十分に広い施設です。段差構造箇所にはすべてスロープがあるので、「集落のエリア」内は車椅子で移動可能です。産直ショップと噴水広場を結ぶ「カスケード」とよばれる橋は、中央部は階段ですが両脇はスロープです。噴水広場から「アグリスパ」へは、スロープで抜けられます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

「集落のエリア」の正面にあるP1とP2駐車場は、休日はすぐにいっぱいになってしまいます。その場合「満車」のストッパーが置かれ、駐車場への侵入が出来なくなり、ちょっと遠いポケットパーク裏の臨時駐車場的なスペースに誘導されます。この駐車場はオフロードで傾斜があり、車椅子ユーザーには辛い駐車場です。日帰り温泉や温浴スパの敷地にある駐車場には、障害者用の駐車スペースが2か所に計3台分設置されています。

 

 

「道の駅しもつけ」(下野市)

開業は2011年。無駄な段差がまったくありません。「物見塔」以外は、すべて車椅子での利用は可能です。バリアフリー面でトップクラスの品質を誇る道の駅です。

障害者用駐車区画は3台分を用意。屋根付きの駐車スペースで、メイン棟と独立トイレ棟まで、雨の日でも濡れずに移動することができます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

トイレは3カ所。24時間利用出来る独立棟トイレは、最新の高速道路SAのような設計のとても立派なトイレです。メイン棟内の2か所のトイレにも障害者用トイレがあります。うち一つはレストラン内のトイレです。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

グルメ系施設は3タイプ。障害者用トイレがあるレストランは、広くてフラットなバリアフリー設計。屋外テラス席も車椅子で利用できます。メイン棟のなかにはフードコートがあり、車椅子で利用可。そして屋外スペースにはテイクアウトのお店があり、車椅子で利用できるフリーテーブルで、アユの塩焼きなどをいただく事が出来ます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

メイン棟内にあるショップは、農産物産直と物産館が一体になった構成で多彩な商品が並びます。インストアベーカリーも入店しています。高品質な売り場で、道の駅というよりも、デパ地下を目指したイメージの売場です。

 

 

「道の駅みぶ/みぶハイウェーパーク」(壬生町)

2009年に開業した「道の駅みぶ」は、「壬生町総合公園」と「とちぎわんぱく公園」を併せた広大な敷地の施設です。その中核施設は「みぶハイウェイパーク」で、高速道路の「みぶPA」と一体になった施設です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

各公園に駐車場があります。また「みぶハイウェイパーク」には、高速道路の両方面からの駐車場と一般道路からの駐車場があります。すべての駐車場に障害者用駐車区画の用意があり、道の駅全体では21台分用意されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

ハイウェイパークのトイレは、ハイウェイパークのトイレと、高層道路PAのトイレがあり、どちらにも障害者用が用意されています。混雑時の傾向としては、目に入りやすいPAのトイレが混みあうのが特徴です。

ハイウェイパークの施設は一段高い位置にあり、車椅子では2か所あるスロープルートから利用します。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

商業施設「みらい館」は、物産館、食事処、産直ショップで構成されます。他に観光情報コーナーがあり、隣接する広場ではイベントが開催されることもあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

独立棟の産直ショップは「みぶのやおやさん」。出入口は一か所で、店内の通路幅はそれほど余裕がありません。混雑時は車椅子での店内移動が少し苦戦します。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編~

物産館は「ときめきステーション」。ここも店内通路幅に余裕がありません。

食事処は「みぶのおばちゃんち」。店内はフラット構造で、一般的な可動式のテーブルと椅子なので、車椅子での利用は可能です。20時まで営業しています。

「道の駅きつれがわ」(さくら市)

「道の駅きつれがわ」は2001年に供用が開始された道の駅。日帰り温泉施設がある大型施設で集客力があります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

障害者用駐車区画が計4台分用意されています。障害者用駐車区画は一般駐車区画と同じエリアの設計で、そこから車道を渡って施設に向かう構造です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

トイレは独立棟と本館、新館内にあり、いずれも障害者用が用意されています。新館内のトイレが新しく、とても綺麗です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

2017年に開業した「新館」は、最先端のバリアフリー施設です。

内装は綺麗で演出上の工夫があり、通路幅は広く、什器はお洒落。フードコートは小規模ながら、車椅子で通行できる通路幅が確保されています。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

人気施設なので極端に混雑することがあり、それが車椅子利用上の唯一の問題です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

「新館」開業と同時に「大正ロマン、大正モダン」が施設のコンセプトになりました。さくら市は「野口雨情」と縁があり、商店街には古い建物が残り、里山がある。「新館」内は「大正」をテーマに演出されています。

「道の駅ばとう」(那珂川町)

道の駅としての開業は1999年。2014年4月に産直ショップと食事処が入っていた棟が火事で全焼失。トイレと観光案内所は別棟のため焼失を免れました。2015年に再建されて現在に至ります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

 

再建された「馬頭村おこしセンター」内は、産直ショップと食事処が入ります。その横に独立トイレ棟。反対側の横には独立棟で「那珂川町観光センター」。合計3棟で構成される施設です。車椅子での横移動の動線に少々デコボコや段差があります。よくルートを見極めて、車椅子で横移動してください。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

「馬頭村おこしセンター」の中央部正面に、屋根無しで障害者用駐車区画が3台分用意されています。そこから産直ショップと食事処の入口へは、車椅子でほぼ問題なく移動できます。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

独立トイレ棟に障害者用が一つあります。また独立棟「那珂川町観光センター」内にも障害者用トイレが一つ用意されています。

観光センター内には、テイクアウトのアイス工房があり、車椅子でも利用出来る飲食可能な休憩コーナーがあります。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

農産物直売所は細長い構造で出入口は1カ所。店内の通路幅は並みで、空いていれば車椅子での利用は可能です。

車椅子で行く道の駅バリアフリー情報~栃木県央編

食事処は「レストランばとう」。フラットな床面に稼働式のテーブルと椅子席なので、車椅子での利用は可能です。席の間隔は余裕があるので、車椅子での店内奥への移動は可能です。

「レストランばとう」の名物は「いのしし丼」。産直ショップの商品は、地物ばかり。施設のキャッチコピーは「遊びにおいでよ、田舎が一番」。それを体現しているショップ&レストランです。

 

栃木県「道の駅」の紹介記事は、別に「栃木県北編」「栃木県東編」「栃木県南編」を掲載しています。クリックすると別稿が開きますので、ぜひご覧下さい。