海の駅九十九里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県九十九里町の「海の駅九十九里」は、1Fに直売所と鮮魚店、2Fには海を臨むフードコートがあるバリアフリー施設です。車椅子からみた現地の状況を紹介します。

海の駅九十九里 

2015年にオープンした「海の駅九十九里」は、九十九里浜、片貝漁港の横に建つ商業施設です。2018年に一部リニューアルしました。

海の駅九十九里

砂浜に隣接した立地で、2Fテラス席からは九十九里浜の雄大な眺めを楽しむことが出来ます。

海の駅九十九里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

アクセスは車が便利です。細長い敷地の駐車場があり、施設の横に身障者用駐車区画が2台分用意があります。ここに停められれば問題はありません。

海の駅九十九里 

身障者用駐車区画が満車の場合は、余裕のある乗降スペースが必要な車椅子利用者の場合、混雑を避けると細長い敷地の端、遠くて空いている駐車スペースの利用になります。

遠い端のスペースも満車の場合は第二、第三駐車場の利用になりますが、隣接する第二駐車場は歩行者ルートに段差があり、第三駐車場は未舗装路面です。

駐車場に隣接して展望台がありますが、エレベーターはなく階段のみの施設です。

海の駅九十九里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

身障者用駐車区画から施設へのルートはフラットでバリアフリーです。

施設出入口は自動ドア。施設建物内はバリアフリー設計です。

バリアフリートイレは1Fに1つあります。

海の駅九十九里 

ウォシュレット付き便器、オストメイト装置、ユニバーサルベッドが備えられています。

海の駅九十九里

2フロア構造でエレベーターがあります。

海の駅九十九里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fの約30%のスペースは入館無料の「いわし資料館」です。

海の駅九十九里

資料館の入口にいわし3000匹が回遊している水槽があり、海の駅九十九里のシンボル的な存在になっています。

海の駅九十九里 

資料館は、九十九里の伝統的ないわし漁の姿を今に伝えます。

海の駅九十九里

出入口の床面に魚が泳ぎます。

海の駅九十九里

かつてこの片貝に「いわし博物館」がありました。2004年に地下に溜まった天然ガスが引火爆発し、1名職員が死亡する痛ましい事故が起こり閉館しました。

海の駅九十九里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

1Fの70%は産地直売コーナー。通路幅は余裕があり、車椅子での買い物は可能です。

隣接する別棟には鮮魚店。フラットな構造なので車椅子で買い物が出来ます。

海の駅九十九里 

エレベーターで2Fへ。3店舗あるフードコートと海を臨むテラスがあります。

海の駅九十九里

フードコートはセルフサービスなので、車椅子利用者は同行者がいると助かります。

フードコートは一般的な可動式のテーブルと席なので、車椅子での利用は可能です。テラスにもテーブル席が用意されます。

海の駅九十九里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「海の駅九十九里」から100mほどの場所に、漁協の直営ショップがあります。このお店も車椅子で利用できます。

海の駅九十九里 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

「海の駅九十九里」は、身障者用駐車区画に停められれば、車椅子で問題なく利用できるバリアフリー施設です。

(本稿は2022年1月に加筆修正しました)

九十九里海岸から近い「道の駅オライはすぬま」を別稿で紹介しています。ご覧ください。

千葉県 道の駅オライはすぬま 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県山武市に2005年に開業した「道の駅オライはすぬま」は、九十九里海岸から近い、人気のある道の駅です。

道の駅オライはすぬま

海水浴シーズンだけではなく、屋台などが出店する週末はオールシーズン混雑します。車椅子からみた現地のバリアフリー情報を紹介します。

道の駅オライはすぬま

アクセスは車が便利です。身障者用駐車スペースは、屋根なしで3台分設けられています。

道の駅オライはすぬま

加えて1台分は屋根付きで用意されています。

道の駅オライはすぬま

身障者用駐車スペースから段差なく施設棟へ移動できます。

道の駅オライはすぬま

隣接する山武市蓮沼支所の駐車場が、第二駐車場のように開放されていますが、途中のルートに小さな段差があり、道を横断することになります。

千葉県の道の駅 オライはすぬま 車椅子バリアフリー情報

レストラン「蓮味」は美味しい「いわし料理」や「なめろう料理」などが人気です。混雑時は名前を書いてウェイティングします。小間上がり席と可動式のテーブル席があり、席を選べれば車椅子で利用できます。セルフ店ではありませんが、お茶やお水はセルフサービスです。

道の駅オライはすぬま

一番人気はいわし丼。地元の味が楽しめる名店です。

道の駅オライはすぬま

物産館「喜太陽」も人気です。地場産の野菜、九十九里特産の海産物などが並ぶ直売所です。

道の駅オライはすぬま

ただし、空いてれば車椅子での利用は可能ですが、店舗内の通路幅にあまり余裕がないので、混雑時は車椅子での店内移動に少し苦戦します。

千葉県の道の駅 オライはすぬま 車椅子バリアフリー情報

店舗前は花卉の販売コーナーになっています。ここも人気です。

道の駅オライはすぬま

もう一棟の案内所も車椅子で利用できるバリアフリー仕様の施設です。案内所では観光情報に加えて、地元に関係するアーティストの展示会や抽選会などのイベントが開催されます。

道の駅オライはすぬま

以前は地元出身のプロ野球選手、元中日Dの鈴木孝政投手の記念展示があり、ユニホーム、パネル写真、記念ボールなどが展示され、鈴木氏の略歴やプレー記録が紹介されていました。鈴木氏は山武郡蓮沼村出身で、地元「蓮沼小学校」「蓮沼中学校」の卒。高校は隣町の「成東高校」に進学して1年生からエース。1972年にドラフト1位で中日ドラゴンズに入団。150㎞台の快速球投手として、入団二年目から大活躍。1989年の引退まで、通算124勝94敗96セーブ、121セーブポイント、防御率3.49、1006奪三振の記録を残しています。現在この展示はありません。

千葉県の道の駅 オライはすぬま 車椅子バリアフリー情報

バリアフリートイレは1つ。レストラン棟の奥、物産館の横のトイレ棟内にあります。スペースは一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、簡易シャワー式オストメイトが備えられています。

道の駅オライはすぬま

「道の駅オライはすぬま」は、人気のある施設です。週末は混雑に注意して車椅子で利用してください。

(本稿は2022年1月に加筆修正しました)

九十九里の浜焼きの名店「浜茶屋向島」のバリアフリー情報を別稿で紹介しています。ご覧ください。

千葉の産直 山武緑の風大網店 車椅子買物ガイド バリアフリー情報

千葉県大網白里市の農産物直売所です。

山武郡市農業協同組合「JA山武郡市」は直営4店舗を展開しています。名称は「山武緑の風」。その旗艦店舗がこの「山武緑の風大網店」です。

アクセスは車が便利です。店舗横に広い駐車場があります。店の入口近くに広々した身障者用駐車区画が2台分用意されています。十分な広さがあり、店舗入口に近く、専用の屋根こそありませんが店舗の庇も近いので、雨に日もそれほど濡れずに利用できる構造です。

山武緑の風大網店

路面は完全なフラット構造で、車椅子で問題なく店内に移動できます。

山武緑の風大網店

バリアフリートイレは店舗外から利用します。スペースに余裕がある個室でウォシュレット付き便器が備えられています。

山武緑の風大網店

店内はJA山武郡市の旗艦店に相応しい広さがあります。車椅子での店内移動に問題はありません。とてもスペースに余裕がある売場です。車椅子で快適に買い物ができます。

品数は豊富です。地場産品に加えて、全国のJAネットワークから仕入れた商品も販売されています。

山武緑の風大網店

山武緑の風大網店は、車椅子で買い物ができるバリアフリーな産直ショップです。

(本稿は2023年4月の取材に基づいています)

九十九里海岸を走るドライブルート「九十九里有料道路」を別稿で紹介しています。ご参照ください。