大震災の被災地千葉 旭市防災資料館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

千葉県旭市は東日本大震災で死者14人、行方不明者2人という人的被害がでた被災地です。午後5時26分で止まった時計は「忘れじの時計」。旭市に最大波が押し寄せた時刻で止まっています。

旭市防災資料館

旭市防災資料館は「旭市に甚大な被害をもたらした東日本大震災の記憶を後世へと伝え、悲劇を繰り返さぬよう防災の知識を身につけていただくため」の施設で、無料公開されています。津波避難施設「いいおか潮騒ホテル」の1Fにある車椅子で観覧できる施設で、ホテルと共用の無料駐車場があり、ホテルの入口とは別に段差回避スロープが設けられた専用の出入口があります。

旭市防災資料館

旭市防災資料館の出入口は、車椅子では介助者がいると助かる構造の開閉式の手動ドアです。段差はありません。

旭市防災資料館

展示室は約100㎡。令和2年にリニューアルオープンしました。展示室内はフラットな構造で、車椅子から見難い気になる展示はありません。スタッフの方が展示の説明をしてくださいました。津波による人的被害のほかに「液状化現象による道路や建物の損壊、原発事故による風評被害が旭市を襲った」と説明されています。その状況を伝える写真や映像、復興への取り組みと、寄せられた支援の史実を学ぶことができます。

旭市防災資料館

(本稿は2023年9月に執筆しました)

旭市の博物館「大原幽学記念館」の詳しいバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

千葉の農村指導者 大原幽学記念館 車椅子観覧ガイド バリアフリー情報

千葉県旭市にある国指定史跡「大原幽学遺跡史跡公園」内にある施設です。大原幽学は江戸時代の農村指導者。独自の学問「性学」を説き、現在の旭市で農村改革を行った偉人で、その活動拠点が昭和27年に国の史跡指定を受け、大原幽学遺跡史跡公園として整備されています。

大原幽学記念館

史跡公園はバリアフリーではありません。昔のままの景観を残しているので、未舗装で坂や段差、急斜面があります。史跡公園の車椅子での散策は困難です。

大原幽学記念館

大原幽学記念館はバリアフリー施設です。しかしアップダウンがある史跡公園内にあるので、来館者用の一般駐車場からは急坂を上がりアクセスします。車椅子では記念館横の身障者用駐車スペースを利用します。

大原幽学記念館

周辺には案内看板が複数個所設置されています。バス10台、普通車70台を収容する大駐車場ではなく、普通車15台程度を収容するスペースがある小駐車場を目指します。小駐車場を通り抜け、そのまま急坂を進むと大原幽学記念館のエントランス横に着きます。エントランス横にある車一台分のスペースが身障者用駐車スペースです。周囲のスペースに余裕がないので、車庫入れが難しい駐車スペースです。ここに駐車できれば、エントランスまでフラットな舗装路面を通り移動できます。

大原幽学記念館

大原幽学記念館の出入口はフラットな自動ドア。有料の施設ですが入館料の障がい者減免制度があり、本人と介助者1名が無料に減免されます。1Fは郷土資料室、2Fが幽学展示室でエレベーターが設置されています。最初に1Fエントランスホールで大原幽学を紹介する映像コンテンツを鑑賞できます。

大原幽学記念館

館内はバリアフリー仕様で、1Fと2Fの展示室は車椅子で観覧できます。大原幽学が活躍した時代、この地は「長部村」。郷土の歴史と大原幽学の思想と農村改革の内容を学ぶことができます。

大原幽学記念館

バリアフリートイレは1Fにあります。やや狭いスペースの個室で、ウォシュレット付き便器が備えられています。

大原幽学記念館

大原幽学記念館は車でアクセスして身障者用駐車スペースを利用できれば、車椅子で観覧できるバリアフリー施設です。

(本稿は2023年9月に執筆しました)

旭市にある「道の駅季楽里あさひ」のバリアフリー情報を別稿で掲載しています。ご参照ください。

千葉県 道の駅季楽里あさひ 車椅子利用ガイド バリアフリー情報

千葉県旭市にある道の駅です。開業は2015年で、施設全体に段差がないバリアフリー設計。車椅子で快適に利用できます。旭市は野菜、果物、マッシュルームなどの栽培が盛んで、食肉の産地であり、飯岡漁港がある魚の町でもあります。現地のバリアフリー状況を紹介します。

千葉県 道の駅季楽里あさひ

駐車場は普通車148台、大型車10台を収容。身障者用駐車区画は、トイレ棟の横に屋根付きで3台分用意されています。

道の駅季楽里あさひ

バリアフリートイレは、トイレ棟に2つ、メイン棟内に1つ、合計3つあります。新しくて綺麗なトイレです。

道の駅季楽里あさひ

24時間利用のトイレ棟のトイレです。

道の駅季楽里あさひ

一般的なサイズの個室で、ウォシュレット付き便器、オストメイト装置が備えられています。

道の駅季楽里あさひ

メイン棟の中には、産直ショップ「旬のとれたて市場」とレストラン「四季食彩館」、そして情報発信スペースがあります。

道の駅季楽里あさひ

メイン棟の前はイベントスペース。

道の駅季楽里あさひ

横は芝生広場がありステージや子ども向けの大型遊具が用意されています。

道の駅季楽里あさひ

直売所内の通路幅は余裕があり、車椅子で買い物ができます。

道の駅のショップは新鮮野菜、花卉、物産品のイメージが強いですが、「季楽里あさひ」はそれに加えて精肉や鮮魚および肉と魚の加工品が充実しています。旭市には関東有数の規模を誇る食肉センター「千葉県食肉公社」があります。また飯岡漁港は水揚げ県内2位を誇ります。

道の駅季楽里あさひ

レストランは地場産品を使った料理で人気です。店内はフラットでテーブル席なので車椅子での利用は可能です。コロナ対策で現在ではバイキングスタイルから単品定食メニューに変わっています。

千葉県 道の駅季楽里あさひ

「情報発信スペース」には「インタラクティブサイネージ」が設置されています。60インチのディスプレイが2基あり、旭市の情報案内機能と「コスプレ体験」などのソフトが仕込まれていて、子どもに人気です。

道の駅は市長が社長の「株式会社季楽里あさひ」が運営しています。資本金4,400万円で、出資者は、旭市、農協、漁協、千葉銀、銚子信金・・・、など。官主導で民一体型の地域振興施設です。

千葉県 道の駅季楽里あさひ

段差が全くない構造です。「道の駅季楽里あさひ」は、車椅子で美味しいものに出会えるバリアフリー施設です。

(本稿は2020年9月に執筆しました)

千葉県にあるすべての道の駅を別稿でまとめて紹介しています。ご参照ください。