車椅子で行く銀座~銀座プレイス バリアフリー情報

2016年9月に開業した、銀座四丁目交差点の新ランドマーク「銀座プレイス」。銀座に建つビルは、車椅子では利用しにくい施設が多いなか、超一等地に誕生した施設のバリアフリー状況はどうなのか。車椅子目線での現地現場の実際を紹介します。

(本稿は2017年に執筆しました)

銀座プレイス

○地下鉄駅と直結

アクセスは抜群。専用駐車場はありませんが、メトロ銀座駅とB1で直結。銀座駅のバリアフリー化も進みました。天候に左右されずに、車椅子で安心して利用することができます。

銀座プレイス

○エレベーターが使いやすい

銀座プレイスは、地下2階から11階までの構造で全て商業フロア。車椅子での縦の移動はエレベーター。エレベーターは1系統で2基。両側ドアタイプで、1Fの開閉ドアと他フロアの開閉ドアは反対です。したがって、1Fから利用して他フロアで降りる、他フロアからエレベーターを利用して1Fで降りる場合、車椅子で乗り込んでそのまま前方から降りることができます。

銀座プレイス

1Fから7F間はエスカレーターがあります。エレベーターがパッと見えにくい位置にあるので、健常者はほとんどがエスカレーターに流れます。エレベーターは2基ですが、あまり混雑する場面は見かけません。もちろんその時の運次第ではありますが。

銀座プレイス

○障害者トイレは一つだけ

ワンフロアの面積は広くはありません。そのためか、障害者用トイレは3Fだけ。この点は残念です。障害者用トイレがある3Fは、カフェレストランのフロア。トイレはエレベーターホールの横にあります。トイレは広くて綺麗。一般的な車椅子利用者なら、快適に利用出来るトイレです。

銀座プレイス

○銀座プレイスの全体構造

1Fと2Fが日産自動車のショールーム。4Fと5Fがソニーのショールーム。6Fもソニーのフロア。B1とB2は銀座ライオン。7Fから11Fまでは、ほぼ飲食店のフロアです。

銀座プレイス

敷地面積は195坪。フロア面積に余裕はありませんが、日産、ソニーの両ショールームとも、車椅子での利用は可能です。

銀座プレイス

1Fと2Fの日産自動車ショールームには実車が展示されていますが、この車両の出し入れをどうやって行っているのか、よく解りません。特に2Fの車両はどうやっているのでしょうか。

銀座プレイス

ソニーのショールームは、製品別にコーナーがある、一般的なショールームのイメージです。電気モノ好きにはたまらないフロア。ソニー製品の最前線を楽しめます。

銀座プレイス6Fには「ソニーイメージングギャラリー」があり、入場無料の企画展などが開催されます。狭いながらも車椅子で利用できるギャラリーです。スケジュールをチェックしてください。

銀座プレイス

○ここは銀座の中心地

銀座四丁目交差点にありますが、「銀座プレイス」の住所は銀座五丁目。再開発は「銀座五丁目再開発計画」というプロジェクトでした。先代のサッポロ銀座ビルが1970年の竣工。45年間頑張ったビルの建て替え物件です。銀座四丁目交差点は特別な場所。この「銀座プレイス」地は、1911年にライオンカフェが誕生して以来、サッポログループが運営する商業施設が継続しています。

銀座プレイス

フロア面積に余裕はありませんが、さすがに新しい施設はバリアフリー設計。2Fの日産ショールームの窓からも、銀座四丁目交差点を、車椅子で上から眺めることができます。

銀座プレイス

バリアフリーな施設です。車椅子での利用をお薦めできます。

車椅子で行く銀座~ポーラミュージアムアネックス バリアフリー情報

銀座一丁目ポーラ銀座ビル。その3Fが「ポーラミュージアムアネックス」。年間10本ほどの無料企画展示会を開催しているアートスペースです。車椅子でポーラミュージアムアネックスを利用出来るのか。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

(本稿は2017年に執筆しました)

ポーラミュージアムアネックス

○1F路面から2基あるエレベーターで

銀座通りに面して建つポーラ銀座ビル。3F「ポーラミュージアムアネックス」へは、1F路面から2基あるエレベーターで3Fへ向かいます。ミュージアム専用エレベーターではなく、ポーラビルの各階へ行くエレベーターです。

ポーラミュージアムアネックス

○3Fも狭い

エレベーターで3Fへ到着。小さなエレベーターホールがあり、小型モニターで展覧会関連情報が流れていることもあります。その先がメイン会場です。ホール、会場とも狭いながらもバリアフリー。極端な混雑さえなければ、車椅子での見学は十分に可能です。

ポーラミュージアムアネックス

○会期中は無休

これまでの実績では、企画展は入場無料、開催期間中は無休、開館時間は11時から20時まで。企画展よって変わる可能性はあるので、利用案内はチェックしてください。

 

○天気の安定した日に

ポーラ銀座ビルは地下通路との直結はありません。1Fのエレベーター前は、雨を避けるのことはできる構造ですが、傘がさせない車椅子利用者の場合、できれば雨の日は来場を避けたいミュージアムです。

ポーラミュージアムアネックス

○ポーラ銀座=美容×美食×美術

ポーラ銀座ビルのコンセプトは、「美容」「美食」「美術」の3つ。そして「美術」を担う施設が「ポーラミュージアムアネックス」ということです。ビルには「美食」のグルメ店が入店しています。

ポーラミュージアムアネックス

○例えば「増田セバスチャン-モネの小宇宙」展

近年の人気企画を1つご紹介。2017年7月21日から9月3日の開催「増田セバスチャン-モネの小宇宙」展。2tの装飾素材で創られたカワイイ「モネの小宇宙」の展示。話題になりました。

ポーラミュージアム

題材となった絵はポーラ美術館所蔵のモネの「睡蓮の池」。モネは日本好き、浮世絵好き。自宅の庭に池を造り、浮世絵にある太鼓橋を架けました。池の畔には竹、柳、桜、藤などを植栽。フランスのお庭ですが、パーツは和風なモネの「睡蓮の池」。この絵を題材に、増田セバスチャン氏が世界にカワイイを発信した企画展です。

ポーラミュージアム

立地は超一等地。会場は狭いながらもバリアフリー。そして企画展が面白い。車椅子での利用をお薦めできる施設です。

車椅子で行く銀座~シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー情報

銀座三丁目のシャネル銀座ビル。その4Fにあるイベントホールが「ネクサスホール」です。「シャネルの精神に基づいた文化的イベント」が開催されるホール。車椅子で利用出来るのか。バリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年の取材に基づいています。

シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー事情

 

○銀座の真ん中でアートに出会う

シャネル銀座ビルは2004年12月の開業。「ネクサスホール」も同日オープン。以来変わらないコンセプトでイベントが開催されています。「NEXUS」とは「結びつき」という意味です。エントランスは銀座通りに面しています。車椅子でのアクセスに大きな問題はありません。

シャネル銀座ネクサスホール

○シャネルはピグマリオン

毎年の恒例イベントは、若手音楽家5人の支援コンサート。一年を通して5人のソロコンサートを開催。事前申込で抽選制、入場は無料です。

若手音楽家のコンサート名は「シャネル・ピグマリオン・ディズ」。ピグマリオンはギリシャ神話に由来する人名で「才能を信じ、支援して、開花させる人」という意味で用いられています。シャネルは「ピグマリオン」。「ネクサスホール」はその精神で運営されています。

その他に年間数本、写真展などの展示会が開催されます。これまでの実績では、すべて入場無料の展示会です。

シャネル銀座ネクサスホール

○マロニエ通りから入るエレベーターで行く

シャネル銀座ビル正面入口から車椅子で入り、スタッフにネクサスホールの利用を告げてください。バリアフリールートを案内していただけるはずです。

横の道(マロニエ通り)からの入口にあるエレベーターを利用すると、段差なくネクサスホールへ上がることができます。

展示会によって、利用できるエレベーターが限られることもあるので、現地でスタッフの誘導を受けるようにしてください。

シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー事情

 

○ネクサスホールはワンフロアでフラット構造

4Fに到着。入場無料のフリー展示会では、とくに受付もなくそのまま自由に会場内へ。ホールの基本構造はワンフロアすべてを使ったフラット構造。極めてシンプルな設計です。エレベーターの他に、3F売り場からの階段もあります。

シャネル銀座ネクサスホール バリアフリー事情

○車椅子でイベントを楽しむ

ホールのハード構造はバリアフリー。内部の状況はイベント毎ですが、知る限り車椅子で困ったことはありません。「ネクサスホール」は、銀座でシャネルの文化的イベントを、車椅子で楽しめます。