車椅子で行く シェアグリーン南青山 バリアフリー情報

期間限定営業で2018年10月にオープンした「シェアグリーン南青山」は、植栽があふれる開放的な空間を車椅子で利用できる施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づいています。

○表通りから一歩奥へ

徒歩でアクセスするルートは、西側青山霊園前から駐車場へのルートを通ります。ここが傾斜路で歩道が未整備。車椅子での移動は可能ですが、気をつけて走行してください。

東側からのアクセスルートは、最後に段差があるので車椅子では使えません。

シェアグリーン南青山

○駐車場あり

専用の有料駐車場があります。障害者用駐車区画は、駐車場の最も奥に1台分用意。店舗の利用で駐車料金の減免サービスがあります。

シェアグリーン南青山

○施設内はバリアフリー

アプローチからシェアグリーン南青山へ。ここから先は基本的にはバリアフリーです。正面左手の珈琲店の中に、障害者用トイレの用意があります。

シェアグリーン南青山

○リノベーションした施設

次の開発計画が決まるまでの土地活用で、倉庫をリノベーションした施設です。したがってバリアフリー施設ですが、車椅子での利用上の注意点はあります。

シェアグリーン南青山

○芝生広場は通行可能

約1haある施設の中央部は広い芝生広場。各種イベントの会場にもなります。本物の芝生ですが、それほど凹凸はひどくありません。多少ガタゴトはしますが、乾燥した状態なら車椅子での通行は可能です。

シェアグリーン南青山

○店舗入口は段差解消スロープ

店舗は元倉庫なので、完全なフラット構造ではなく、入口はスロープです。「ソルソパーク」は店内通路がやや狭く、混雑していると車椅子での通行は苦戦します。

シェアグリーン南青山

○フリーテーブルエリアは混雑次第

施設正面右手側は、植栽に飾れた「ワークガーデン」というフリーテーブルエリアです。その手前にはペアで利用できるウッドチェアを配置。このエリアは空いていれば問題なく車椅子で利用できますが、混みあうとスペースがなく車椅子での移動に少し苦労します。

シェアグリーン南青山

○北側公園へのルートは段差あり

隣接する公園に抜ける北側の門の先は、未舗装路で急坂、段差もあります。北側出入口は車椅子では通行できません。

シェアグリーン南青山

基本は車椅子で利用できるバリアフリー施設です。徒歩でのアクセスルートと、混雑時の利用には気をつけてください。

車椅子で行く とらや赤坂店 バリアフリー状況

2018年10月にリニューアルオープンした「とらや赤坂店」のバリアフリー状況を紹介します。

本稿は2018年11月(一部2019年2月)の取材に基づいています。

○青山通りの坂道沿い

場所は青山通り沿い。この一帯は坂道で、車椅子での移動は体力を使います。

収容台数は9台しかありませんが、1Fに駐車場があります。

とらや赤坂店

○素晴らしくバリアフリー

店舗はバリアフリー設計です。各フロアは完全なフラット構造。エレベーターは1基。障害者用トイレは複数階に用意されています。店舗内の車椅子での利用に大きな問題はありません。

とらや赤坂店

○B1はギャラリー

下のフロアから紹介します。

B1はギャラリー。定期的に展示内容が変わります。1Fからエレベーターで地階へ。そのままバリアフリーにギャラリーを見学できます。

オープン最初の展示は、「とらやの羊羹デザイン展」。羊羹のデザインの変遷や、羊羹を製造する道具が展示されています。入場無料、撮影可で、道具の一部は操作もOK。2018年12月末までの企画です。

とらや赤坂店

とらや赤坂店

とらや赤坂店

次の企画は「とことわの書-自然のことば-」で、2019年2月24日までの開催です。

とらや赤坂店

とらや赤坂店

とらや赤坂店

とらや赤坂店

○1Fは予約カウンター

1Fは来客用フリースペースのようなフロア。店舗の案内や予約商品の引き渡しなどを行います。スペースの使い方にゆとりがあります。

とらや赤坂店

○2Fはショップ

2Fが商品販売のフロア。このフロアもスペースにゆとりのある設定で、車椅子で快適に品選びが出来ます。定番商品だけではなく、特別なお菓子の提案もあります。

 

○3Fは喫茶

3Fは「菓寮」。半個室、カウンター、テラス席などがある喫茶コーナーです。席数は50席超ですが、人気でよくウエイティングがかかっています。

また3Fには菓子の製造場があり、ガラス越しに菓子作りの様子を見ることが出来ます。

とらや赤坂店

○休業日は月1回

現在のところ休業日は毎月6日です。ただし12月は無休で営業します。

とらや赤坂店

○行灯ビルからの大変身

旧店舗は通称「行灯ビル」。9F建てでした。それが3F建てへ。外見のデザインも印象的な店舗です。設計は内藤廣氏。「おだやかな気持ちで和菓子に触れる空間」がコンセプトです。

とらや赤坂店は車椅子で利用出来るバリアフリー店舗です。

車椅子で行く永田町の公園 国会前庭 バリアフリー情報

東京都千代田区。国会議事堂の前庭は、南北両園とも車椅子で散策できます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

なお本稿は2018年11月の取材に基づいています。

○周辺はアップダウンがある地形

国会前庭までのルートは、どの方面からも舗装路で広い歩道がありますが、坂道を通ります。衆議院が管理する庭園「国会前庭」は、入園無料の公園です。地下鉄駅などから車椅子でのアクセスは可能ですが、国会議事堂周辺は思いのほかアップダウンがあります。

国会前庭

○南庭はスロープあり

和式庭園の南庭は、園内はほぼフラットな地形ですが、ところどころに日本庭園らしい段差箇所があります。池を眺めるデッキなど、一部スロープ対応がない箇所もありますが、概ね段差箇所にはスロープがあるので、車椅子での園内散策は可能です。庭園内を巡るメインの歩道は舗装路で段差はありません。

国会前庭

国会前庭

○植栽が美しい和風庭園

南庭は春の桜から秋の紅葉まで、美しい植栽を楽しめる庭園です。そして日本の政治の中心地ながら、通常はとても静かな空間。団体客が来ていることはありますが、ワイワイガヤガヤすることは、ほとんどありません。

国会前庭

国会前庭

○北庭は傾斜路あり

北庭は洋式庭園。構造的な段差はありませんが、「時計塔」や「憲政記念館」が高地で、アクセス路や園入口からのルートは傾斜があります。一部角度のある傾斜路があるので、車椅子での散策には少し力が必要です。

国会前庭

○憲政記念館へはスロープで

北庭内の憲政記念館へはスロープ利用。車椅子での休憩所やレストランの利用は可能です。憲政記念館は入館無料の施設。障害者用トイレの用意もあります。

国会前庭

○北庭は桜の名所

北庭には数多くの、そして品種も多彩な桜が植栽されています。そのため、例年長期間にわたり桜見物が楽しめます。桜の季節が終わると、ハナミズキが咲き誇ります。

国会前庭

原則として閉園は年末年始だけ。毎日9:00から17:30まで開園されています。