車椅子で行く三浦半島~荒崎公園バリアフリー情報

三浦半島の西岸、相模湾沿いの荒崎海岸一帯は、「荒崎公園」として整備され、限界はありますが車椅子で荒々しい磯の景観を見ることができます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場は障害者減免あり

アクセスは車が便利です。国道134号線の荒崎入口から海沿いの道に入るのが一般的なルートで、その突き当りに荒崎公園の駐車場があります。

駐車場は、オフシーズンの平日は無料ですが、週末や夏休みシーズンは有料になります。障害者減免制度があるので、駐車場入口のスタッフに障害者手帳を提示してください。駐車料金が無料に減免されます。

荒崎公園バリアフリー情報

○遊歩道は車椅子通行可

駐車場には障害者用駐車区画の用意があります。磯の方面に行く遊歩道は、駐車場右手奥から始まるので、その近くに駐車すると便利です。

荒崎公園バリアフリー情報

駐車場の近くに公衆トイレがありますが、障害者用トイレはありません。

荒崎公園バリアフリー情報

公園内メインの遊歩道は、アップダウンはありますが、一般的な車椅子利用者なら通行可能な舗装路です。

荒崎公園バリアフリー情報

○丘へのルートは車椅子に不向き

荒崎公園内には「夕日の丘」「ピクニックの丘」「潮風の丘」が整備されています。それぞれ美しい眺望や自然が楽しめますが、丘へのルートは傾斜が強く、未舗装路もあり、車椅子には不向きです。

荒崎公園バリアフリー情報

 

荒崎公園バリアフリー情報

○遊歩道から入江を眺める

メインの遊歩道を進むと、「どんどんびき」という細長い入江が右手に見えてきます。波が打ち寄せて、どんどん引いていく様子が語源ということ。

荒崎公園バリアフリー情報

その手前の入り江は、健脚の方なら磯遊びが楽しめます。車椅子利用者は、無理のない範囲で、入江の鑑賞を楽しみます。

荒崎公園バリアフリー情報

○広場は通過する

その先には「憩いの広場」があり、ベンチやテーブルが設置されています。広場はデコボコが激しい未舗装路面なので、車椅子での移動は快適ではありません。そのまま横を通過して、磯を目指すことをお薦めします。

荒崎公園バリアフリー情報

 

○車椅子で海岸線へ

更に進むと、相模湾に突き出た荒崎、つまり海岸線にでます。さすがに荒崎。静かな相模湾ですが、凪の時でもそれなりの波が打ち付けます。時化の時は更に迫力があります。あまりに激しい時化の時は、危険なので近づかないようにしてください。

荒崎公園バリアフリー情報

○奇岩や洞窟を観る

海の方を眺めると、迫力のある打ち寄せる波の姿ですが、陸の方に目を向けると、長い年月、波に打たれた奇岩や洞窟などをみることができます。迫力のある光景を車椅子から観ることができる、希少なスポットです。

 

荒崎公園バリアフリー情報

○トレッキングルートは続く

この遊歩道の先は、海岸線を貫くトレッキングルートとして人気ですが、車椅子ではここまでです。遊歩道の終点、柵の内側から荒崎の景観を楽しみます。

 

荒崎公園は、遊歩道のアップダウンをクリアできれば、車椅子から荒磯の光景を観ることが出来る公園です。

車椅子で行く三浦半島~横須賀美術館バリアフリー情報

観音崎公園エリアに2007年に開館した「横須賀美術館」は、車椅子で利用できるバリアフリー施設です。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○駐車場のバリアフリー状況

アクセスは車が便利です。地下駐車場があり、障害者用駐車区画を用意。雨の日でも濡れずに利用できる美術館です。

障害者手帳の提示で、駐車料金は時間無制限で無料に減免されます。美術館受付で手続きを行ってください。

横須賀美術館バリアフリー情報

○館内のバリアフリー状況

館内には全3系統のエレベーターがあり、車椅子でスムーズに上下階移動ができます。

横須賀美術館バリアフリー情報

障害者トイレは複数あり、設備はとても綺麗。

美術館の入館料は、障害者手帳の提示で本人と介助者1名が無料に減免されます。

全館にわたってスペースに余裕がある設計で、車椅子で快適に利用できます。

横須賀美術館バリアフリー情報

○美術館の存在自体がアート

ここを訪れたら、最初に美術館の外観を多方面から鑑賞されることをお薦めします。建築物としてのアートが楽しめます。

横須賀美術館バリアフリー情報

そして次には美術館からみる東京湾の風景を楽しむ。1F正面から。そして「恋人の聖地」に認定されている屋上から。

展示室に向かう前に、上質な空間を車椅子で楽しむことができます。

横須賀美術館バリアフリー情報

○所蔵作品を楽しむ

展示室は地階。とても広々した展示空間です。ところにより吹き抜け構造で外光が入ります。

横須賀美術館バリアフリー情報

もちろん快適なフラット構造で車椅子からゆっくり作品を鑑賞できます。その時の企画にもよりますが、車椅子で困るほどの混雑になることは滅多にありません。

主な作品の解説書が各所に置かれ、自由に持ち帰ることができます。

横須賀美術館バリアフリー情報

○「谷内六郎館」を巡る

次に、常設の「谷内六郎館」を車椅子で巡ります。作品のみならず、窓から見る東京湾の眺望が素晴らしい。

週刊新潮の表紙を飾った氏の作品は、一定以上の年齢の人にとっては、昭和の追憶でもあります。

横須賀美術館バリアフリー情報

「谷内六郎館」は2棟に分かれます。この間の10mだけは屋根無しの屋外。「横須賀美術館」で雨天に濡れるのはここだけです。

 

○美術書を読む

無料で美術系の資料を閲覧できる図書室があります。ここがまた素敵な空間です。渡り廊下のような通路を通りバリアフリーに図書室へ。面倒な手続きなしに、静かな空間で好きな資料を自由に閲覧できます。

横須賀美術館バリアフリー情報

図書室の奥には車椅子が入るサイズの大きな個室トイレがあります。このトイレの前の窓からみる東京湾が素敵な景色。トイレの前は絶景ポイントです。

横須賀美術館バリアフリー情報

○託児サービスなども

事前予約制の無料託児サービスがあります。

館内ガイドツアーも充実。

そしてレストランは、オーションビューでお洒落なお店です。

横須賀美術館バリアフリー情報

「横須賀美術館」は、美術館の存在自体がアート。観音崎公園エリアに建つ極上のバリアフリー施設。車椅子での利用をお薦めできます。

車椅子で行く三浦半島~横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

三浦半島の中央部、丘陵の住宅街にある横須賀市立「横須賀しょうぶ園」は、車椅子で花菖蒲鑑賞ができます。現地のバリアフリー状況を詳しく紹介します。

 

○14万株の花菖蒲

「横須賀しょうぶ園」の開園は1988年。園内2か所の「しょうぶ苑」の周囲はバリアフリーで、オフロードや段差がありません。14万株の花菖蒲が車椅子で楽しめます

ただし「ふじ苑」や「展望台」など、園内には段差のある箇所もあります。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○障害者減免あり

7月から3月は入園無料です。

4月から6月は、駐車場利用と入園が有料になりますが、障害者手帳の提示でどちらも無料に減免。入園料は介助者1名も無料に減免されます。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○ピーク期の混雑は凄い

菖蒲開花期の問題は混雑、特に駐車場の混雑です。

臨時駐車場まで含めると、それなりの収容台数がある駐車場なのですが、平日でもすぐに満車になり、それが続きます。

周辺道路の渋滞まで起こるので、市では公共の交通機関の利用を呼び掛け、バスのピストン輸送を実施しています。

6月の花菖蒲開花ピーク時は、この混雑は覚悟してください。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○通年、見るべき花はある

4月から6月、特に6月がピークですが、「横須賀しょうぶ園」は、通年見どころがあります。

代表的なもので、1月はスイセン、ロウバイ、2月は菜の花、3月はウメにモクレン。4月はサクラにシャクナゲ、5月はフジにボタン。7月はスイレン、8月はサルスベリ。9月はヒガンバナ、10月と11月はバラ、12月はカンツバキ。

6月のピーク期以外は、空いていて車椅子で利用しやすいことが多い「横須賀しょうぶ園」です。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○食事処はバリアフリー

営業が4月から6月に限定されますが、管理棟の1Fに食事処があり、車椅子での利用は十分に可能です。

障害者用トイレは、管理棟内と屋外の公衆トイレにあります。2017年時点では、どちらもそれほど綺麗ではありませんが、実用には耐えます。

横須賀しょうぶ園バリアフリー情報

○ふじ苑、しゃくなげ苑は、ややバリア

「しょうぶ苑」は車椅子で快適ですが、「ふじ苑」、「しゃくなげ苑」は、アップダウンや一部段差ルートがある、バリアゾーンです。それなりに車椅子で鑑賞できますが、快適なバリアフリー散策ではありません。

 

 

「横須賀しょうぶ園」の「しょうぶ苑」周辺はバリアフリーです。「ふじ苑」、「しゃくなげ苑」周辺は、少し車椅子で苦戦します。菖蒲開花期は混雑を覚悟してください。