車椅子で行く浅草~バリアフリー情報

浅草~バリアフリー情報

浅草は近年バリアフリー化が進んでいます。車椅子での浅草観光に役立つ、観光スポットのバリアフリー情報です。

 

○雷門周辺から仲見世へ

車椅子浅草観光の第一の問題はトイレです。「雷門」の正面にある「浅草文化観光センター」で、障害者用トイレを借りることが出来ます。エレベーターを利用せずに使える1Fの「だれでもトイレ」がとても便利です。オストメイトに大人が利用出来る大型シートの用意があります。1Fの他に4Fと7Fにも「だれでもトイレ」を用意。この2か所にはオストメイト、大型シートはありません。

浅草~バリアフリー情報

「雷門」は大混雑します。車椅子では横を抜けて進み、門を過ぎたところで後方から門の裏正面へ行くのがお薦めです。「雷門」の裏側は、通常それほどは混雑しません。

浅草~バリアフリー情報

「雷門」から浅草寺方面へ進むと「仲見世商店街」にでます。この間の道はフラットで車椅子で移動可能です。「仲見世」は全長約250m。混雑していることを除くと、車椅子で利用し易い商店街です。路面はフラットでバリアフリー。そして仲見世のお店は車椅子で利用し易い低めの高さで、ほとんどのお店は店内に入ることなく買い物ができます。

浅草~バリアフリー情報

 

○浅草寺のお参り

仲見世を抜けると「宝蔵門」へ。門の下は段差構造のお寺が多いのですが、「宝蔵門」はバリアフリーです。

浅草~バリアフリー情報

「宝蔵門」の先も参道はフラットな舗装路です。お水舎は車椅子ではやや苦戦するので、無理のない範囲で清めてください。「常香炉」は車椅子でも何とかなります。問題は混雑だけです。

本堂前に到着。エレベーターは本堂の左側です。大混雑時は別ですが、本堂階段前の行列が20~30mくらいなら、そのままエレベーターを目指して大丈夫です。大きなサインがあるので、すぐに分かります。

浅草~バリアフリー情報

エレベーターは地上と本堂の2フロア停止。本堂フロアに着いた先はスロープで進みます。そしてそれほど横入りする感覚もなく、お参りができるはずです。

浅草~バリアフリー情報

本堂内は車椅子で移動できますが、「内陣」は段差構造で土足厳禁です。また本堂右側にはスロープがないので、車椅子で外部に出ることは出来ません。

浅草~バリアフリー情報

 

○浅草六区周辺から「ひさご通り」商店街へ

浅草寺の西側が「浅草公園六区」のエリアです。

2015年に商業施設「まるごとにっぽん」がオープン。1Fから4Fまでの商業施設です。1Fの出入り口は2カ所で、どちらもフラットな床でバリアフリー。そして入るとすぐにエレベーターがある設計です。エレベーターは2系統4基あります。

1Fは「にっぽん食市場」。「蔵」の売り場通路は、車椅子では利用が難しい狭い幅です。

2Fは「くらしの道具街」。3Fは「たいけん広場」。2Fと3Fは車椅子での利用に大きな問題がない、余裕のあるフラット動線が確保できています。

4Fは「ふるさと食堂街」。4Fの食堂街の店舗は入口に段差があります。

障害者用トイレは3Fに一つだけあります。

浅草~バリアフリー情報

「浅草ROX」は4つの棟からなる複合施設です。9階建ての「ROX」は一般商業施設は5Fまでで、6Fから9Fには日帰り温泉施設、フィットネスクラブなどが入ります。

他に、「ROX2」は4階建て。建て直されて2015年に開業した「ROX・3G」は5階建て。そして2階建ての「ROX DOME」があります。

障害者用トイレは「浅草ROX・3G」3Fと「ROX」の5Fに各一つ用意されます。

浅草~バリアフリー情報

六区の北側には「浅草ひさご通り商店街」があります。ここにある「区立江戸下町伝統工芸館」はバリアフリーで障害者用トイレがある施設です。2018年5月からリニューアル工事で休館。2019年3月に再開予定です。

浅草~バリアフリー情報

 

○浅草EKIMISE

浅草寺の東側、隅田川方面のバリアフリー施設は「浅草EKIMISE」。東武スカイツリー線の始発「浅草駅」の駅ビルです。建物は1931年の竣工。改装されて「浅草EKIMISE」として全面開業したのが2012年です。B1から3Fまでが「松屋」。4Fから7Fまでが専門店街の「EKIMISE」。屋上が「浅草ハレテラス」です。

浅草~バリアフリー情報

外部より段差なく「浅草EKIMISE」に入れるのは、正面東武線の乗り場入口からのアクセスだけで、他の入口は段差があります。エレベーターは一系統二基で小型タイプ。エレベーターはよく混雑します。障害者用トイレは3Fと7Fの2ケ所に、2010年に設置されました。

浅草~バリアフリー情報

 

○長国寺・鷲神社

近隣の神社仏閣のバリアフリー情報です。

酉の市で有名な浅草の「おとりさま」。「お寺のおとりさま」が「長国寺」。「神社のおとりさま」が「鷲神社」。並んで建つお寺と神社です。「長国寺」が本家で、1868年に明治政府の「神仏分離令」で寺社引き分けが行われ、そのまま現在に至っています。

どちらも参道は車椅子で通行可能。寺社をつなぐ通路も車椅子で通行可能。「鷲神社」の参拝所はスロープ対応で、「なでおかめ」は車椅子からでも“なで”ることができますが、「酉の市」の日は、あまりの混雑で危険があるということで、「なでおかめ」はしまわれます。また「鷲神社」の「大鳥居」の横には「大熊手」が常時展示されています。障害者用トイレは「鷲神社」の境内にある公衆トイレに併設されています。

浅草~バリアフリー情報

「長国寺」の本堂の中へは靴を脱いで上がる段差構造。車椅子のままでは行けません。「長国寺」の本堂正面の欄間には、雌雄の鷲が彫り込まれていて、車椅子からの見学は可能です。

浅草~バリアフリー情報

平時であれば、寺社の中間地に参拝者用駐車場があり、利用することができます。

 

 

○下谷神社

読み方は「したや」。地下鉄稲荷町駅の近くにあり、駅名に残る町名の由来になったお稲荷様です。上野駅からも近い「下谷神社前」の交差点にある、真っ赤な大鳥居が目印。その先の境内の入口には、石の鳥居があり、正面には社殿がそびえます。

石の鳥居をくぐると、左手に手水舎。この手水舎には、手を清める作法が、かわいらしいイラストで説明されています。車椅子で手を清めることが出来るかは、ギリギリです。社殿の前には階段。参拝場所は段の上で、車椅子では段の下からの参拝になります。

社殿内の最も手前にある拝殿の間の天井に、横山大観筆の「龍」の天井画があります。縦174cm横296cmの大作。雲の中に突如現れた龍を描いた水墨画です。この絵を、拝殿に上り鑑賞することができます。横山大観の天井画が製作されたのも昭和9年の社殿再建の際。戦火を逃れた天井画です。

拝殿に上がるには、階段の上の参拝所で靴を脱ぎ、社殿に入る木製の段を上ります。この社殿への階段は、幅が狭くて急な段。車椅子どころか、足が少し悪いレベルの人でも厳しい階段です。

「下谷神社」から浅草方面に向かうと、そこは「仏壇街」。仏壇を扱うお店が軒を並べます。

浅草~バリアフリー情報

 

○かっぱ橋道具街

最後に「かっぱ橋道具街」のバリアフリー状況です。

全長800mの道の両脇に、170店舗ほどが並ぶ道具街です。全店舗を見て回ると1600mの移動距離。ほぼ全域にわたりアーケードがついているので、車で来て「かっぱ橋道具街」のパーキングメーターに停めて、すぐにアーケードの下に入る動線であれば、小雨くらいなら車椅子で散策可能です。ただし交差点はアーケードが切れます。

おおよそ40%くらいのお店は、車椅子である程度の店内回遊は可能ですが、完全にバリアフリーなお店はありません。

2001年に出来た「生涯学習センター」内に、障害者用トイレがあります。「かっぱ河太郎の黄金像」は2003年の建立で、車椅子で見学可能です。

浅草~バリアフリー情報

 

浅草は雷門周辺を中心に観光客で大変混雑します。車椅子で歩道を通行することが困難になることもあるので、注意してください。